ルカ4章1~13節

2016/2/28

メッセージ:平吹貞夫師

テーマ「荒野での誘惑」

ルカ4:1-13 「荒野での誘惑」

1 さて、聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られた。そして御霊に導かれて荒野におり、2 四十日間、悪魔の試みに会われた。その間何も食べず、その時が終わると、空腹を覚えられた。3 そこで、悪魔はイエスに言った。「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい。」4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない。』と書いてある。」5 また、悪魔はイエスを連れて行き、またたくまに世界の国々を全部見せて、6 こう言った。「この、国々のいっさいの権力と栄光とをあなたに差し上げましょう。それは私に任されているので、私がこれと思う人に差し上げるのです。7 ですから、もしあなたが私を拝むなら、すべてをあなたのものとしましょう。」8 イエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えなさい。』と書いてある。」9 また、悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、神殿の頂に立たせて、こう言った。「あなたが神の子なら、ここから飛び降りなさい。10 『神は、御使いたちに命じてあなたを守らせる。』とも、11 『あなたの足が石に打ち当たることのないように、彼らの手で、あなたをささえさせる。』とも書いてあるからです。」12 するとイエスは答えて言われた。「『あなたの神である主を試みてはならない。』と言われている。」13 誘惑の手を尽くしたあとで、悪魔はしばらくの間イエスから離れた。