ルカ20章1~8節

2018年8月26日

メッセージ:平吹貞夫師

テーマ「主の権威」

20章

1,イエスは宮で民衆を教え、福音を宣べ伝えておられたが、ある日、祭司長、律法学者たちが、長老たちといっしょにイエスに立ち向かって、

2,イエスに言った。「何の権威によって、これらのことをしておられるのですか。あなたにその権威を授けたのはだれですか。それを言ってください。」

3,そこで答えて言われた。「わたしも一言尋ねますから、それに答えなさい。

4,ヨハネのバプテスマは、天から来たのですか、人から出たのですか。」

5,すると彼らは、こう言って、互いに論じ合った。「もし、天から、と言えば、それならなぜ、彼を信じなかったか、と言うだろう。

6,しかし、もし、人から、と言えば、民衆がみなで私たちを石で打ち殺すだろう。ヨハネを預言者と信じているのだから。」

7,そこで、「どこからか知りません」と答えた。

8,するとイエスは、「わたしも、何の権威によってこれらのことをするのか、あなたがたに話すまい」と言われた。