神さまの愛

私は2013年2月にコイノニア教会で受洗したばかりです。
小さな頃、教会学校らしき場所に
日曜日通っていた記憶があります。

20代の頃、三浦綾子さんに心を魅かれ
作品を次々と読み、クリスチャンに少し憧れをいだいていました。
柄本牧師の「ちいろば先生」「西村久蔵物語」などの作品には
特に強い感銘を受けました。

そして、二人の子ども達はキリスト教の幼稚園へ通いました。
その後、私の職場もキリスト教の幼稚園と・・・
考えてみるといつも、私の側に神さまはおられたのです。
でも、私にはそのことを感じることも見ることも全くできませんでした。

私はパソコンのYouTubeの動画サイトで
ライブを見ることが好きで、
昨年の9月頃は毎日のようにマイケルジャクソンと尾崎豊のライブを見ていました。
早くにこの世を去り、天才とまで呼ばれた2人のライブは
私の心を強く揺さぶりました。

そして、この二人が「愛」というテーマに喜び、悲しみを歌い
また苦おしいまでに「愛を求める」歌声に
突然「は!!!」と、ある言葉が私の心に浮かんだのです。

それは

「神は愛である」

誰もが求める愛・・・それは「神さまの愛だったのだ」と
思った瞬間でした。

この時、やっと私は神さまと出逢うことができました。
そして、今まで本当に長い時間がかかりましたが
どんな時にも共にいて下さったんだということを
心から信じ、生かされてきたことを
日々感謝しています。

 

「主よ、
あなたの十字架に私の救いと慰め癒しがあります。
今も希望の十字架を見上げて、あなたと共に歩みます」

 

by mars95 その1