証し

私は1年前、大腸癌になり摘出手術を受けました。
私の家系は癌系統なので、癌になるかもしれない

でも私は母型の方に似ているので癌にはならないと自負していました。
お医者さんから、貴方は癌ですと聞いた時
大変だとか焦りとか、これからどうなるのだろうかとか
そういうことはまったくなく、
神さまがすべてのことに最善をなしてくださるとの確信と
神さまから来る平安で、
心が本当に落ちついていました。

手術後の処置10日以上も絶食と、辛い事が続きましたが
神さまは私と共にいてくださり、み言葉を通して励ましを受け
1か月近い入院生活も楽しく過ごしました。

退院後6か月の通院での抗がん剤治療が続きました。
食欲不振、倦怠感、手足のしびれ、
脱毛等の副作用がありましたが
主の御手の中で全てが守られました。

詩篇23編
主は私の羊飼い。私には乏しいことがありません。主は私を緑の牧場に伏させ
いこいの水のほとりに伴われます。たとい死の陰の谷を歩くことがあっても
私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。

 

私は40年前に恵みによって救われました。
クリスチャンになっても患難は多くあります。
でも、主がいつも共にいて助け、天国に行くその日まで
訓練させてくださり、神さまの恵みを深く感じる為に
試練・患難は来ますが、その度に主に信頼して歩みたいと思います。

 

患難が忍耐を生み出し 忍耐が練られた品性を生み出し
練られた品性が希望を生みだすと知っているからです。
(ローマ人への手紙5章3~4節)

by M.H