使徒の働き3章19^26節

2019年8月18日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:癒やしの説明 Ⅱ

19  “そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。
20  それは、主の御前から回復の時が来て、あなたがたのためにメシヤと定められたイエスを、主が遣わしてくださるためなのです。
21  このイエスは、神が昔から、聖なる預言者たちの口を通してたびたび語られた、あの万物の改まる時まで、天にとどまっていなければなりません。
22  モーセはこう言いました。『神である主は、あなたがたのために、私のようなひとりの預言者を、あなたがたの兄弟たちの中からお立てになる。この方があなたがたに語ることはみな聞きなさい。
23  その預言者に聞き従わない者はだれでも、民の中から滅ぼし絶やされる。』
24  また、サムエルをはじめとして、彼に続いて語ったすべての預言者たちも、今の時について宣べました。
25  あなたがたは預言者たちの子孫です。また、神がアブラハムに、『あなたの子孫によって、地の諸民族はみな祝福を受ける』と言って、あなたがたの父祖たちと結ばれたあの契約の子孫です。
26  神は、まずそのしもべを立てて、あなたがたにお遣わしになりました。それは、この方があなたがたを祝福して、ひとりひとりをその邪悪な生活から立ち返らせてくださるためなのです。」”
使徒の働き 3章19~26節
聖書新改訳©2003新日本聖書刊行会