使徒の働き5章12^16節

2019年11月3日

メッセージ:平吹貞夫師

テーマ:教会成長の要因

12 ”また、使徒たちの手によって、多くのしるしと不思議なわざが人々の間で行われた。みなは一つ心になってソロモンの廊にいた。
13ほかの人々は、ひとりもこの交わりに加わろうとしなかったが、その人々は彼らを尊敬していた。
14そればかりか、主を信じる者は男も女もますますふえていった。
15ついに、人々は病人を大通りへ運び出し、寝台や寝床の上に寝かせ、ペテロが通りかかるときには、せめてその影でも、だれかにかかるようにするほどになった。
16また、エルサレムの付近の町々から、大ぜいの人が、病人や、汚れた霊に苦しめられている人などを連れて集まって来たが、その全部がいやされた。”
使徒の働き 5章12~16節
聖書新改訳©2003新日本聖書刊行会