使徒の働き9章19b^25節

2020年5月31日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:サウロの宣教とユダヤ人達の陰謀

19b  “サウロは数日の間、ダマスコの弟子とともにいた。

20  そしてただちに、諸会堂で、イエスは神の子であると宣べ伝え始めた。
21   これを聞いた人々はみな、驚いてこう言った。「この人はエルサレムで、この御名を呼ぶ者たちを滅ぼした者ではありませんか。ここへやって来たのも、彼らを縛って、祭司長たちのところへ引いて行くためではないのですか。」
22   しかしサウロはますます力を増し、イエスがキリストであることを証明して、ダマスコに住むユダヤ人たちをうろたえさせた。
23    多くの日数がたって後、ユダヤ人たちはサウロを殺す相談をしたが、
24   その陰謀はサウロに知られてしまった。彼らはサウロを殺してしまおうと、昼も夜も町の門を全部見張っていた。
25   そこで、彼の弟子たちは、夜中に彼をかごに乗せ、町の城壁伝いにつり降ろした。”
使徒の働き 9章19b~25節
聖書新改訳©2003新日本聖書刊行会