使徒の働き12章25節^13章3節

2020年10月4日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:『アンテオケの教会」

使徒の働き 12章25節

25  ”任務を果たしたバルナバとサウロは、マルコと呼ばれるヨハネを連れて、エルサレムから帰って来た。”
使徒の働き 13章1~3節
1 ”さて、アンテオケには、そこにある教会に、バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、国主ヘロデの乳兄弟マナエン、サウロなどという預言者や教師がいた。
2 彼らが主を礼拝し、断食をしていると、聖霊が、「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、わたしが召した任務につかせなさい」と言われた。
3 そこで彼らは、断食と祈りをして、ふたりの上に手を置いてから、送り出した。”

聖書新改訳©2003新日本聖書刊行会