使徒の働き16章1−5節

2021年2月21日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:「ルステラにて」

1 ”それからパウロはデルベに、次いでルステラに行った。そこにテモテという弟子がいた。信者であるユダヤ婦人の子で、ギリシヤ人を父としていたが、
2 ルステラとイコニオムとの兄弟たちの間で評判の良い人であった。
3 パウロは、このテモテを連れて行きたかったので、その地方にいるユダヤ人の手前、彼に割礼を受けさせた。彼の父がギリシヤ人であることを、みなが知っていたからである。
4 さて、彼らは町々を巡回して、エルサレムの使徒たちと長老たちが決めた規定を守らせようと、人々にそれを伝えた。
5 こうして諸教会は、その信仰を強められ、日ごとに人数を増して行った。”
使徒の働き 16章1~5節
聖書 新改訳©2003新日本聖書刊行会