使徒の働き18章1−4節

2021年7月4日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:「コリントでの宣教 Ⅰ」

1  “その後、パウロはアテネを去って、コリントへ行った。
2  ここで、アクラというポント生まれのユダヤ人およびその妻プリスキラに出会った。クラウデオ帝が、すべてのユダヤ人をローマから退去させるように命令したため、近ごろイタリヤから来ていたのである。パウロはふたりのところに行き、
3  自分も同業者であったので、その家に住んでいっしょに仕事をした。彼らの職業は天幕作りであった。
4  パウロは安息日ごとに会堂で論じ、ユダヤ人とギリシヤ人を承服させようとした。”
使徒の働き 18章1~4節
聖書 新改訳©2003新日本聖書刊行会