使徒の働き23章11−15節

2022年5月8日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:「ユダヤ人たちの陰謀」

11 “その夜、主がパウロのそばに立って、「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかしした ように、ローマでもあかしをしなければならない」と言われた。
12 夜が明けると、ユダヤ人たちは徒党を組み、パウロを殺してしまうまでは飲み食いしないと誓い合った。
13 この陰謀に加わった者は、四十人以上であった。

14 彼らは、祭司長たち、長老たちのところに行って、こう言った。「私たちは、パウロを殺すまでは何も食べない、 と堅く誓い合いました。
15 そこで、今あなたがたは議会と組んで、パウロのことをもっと詳しく調べるふりをして、彼をあなたがたのところ に連れて来るように千人隊長に願い出てください。私たちのほうでは、彼がそこに近づく前に殺す手はずにしてい ます。」”

使徒の働き 23章11~15節
聖書 新改訳©2003 新日本聖書刊行会