ルカの福音書11章1−13節

2022年6月5日

メッセージ:平吹 貞夫 師

テーマ:「主の祈り」

1 “さて、イエスはある所で祈っておられた。その祈りが終わると、弟子のひとりが、イエスに言った。「主よ。ヨハ ネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」
2 そこでイエスは、彼らに言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ。御名があがめられますように。御国 が来ますように。

3  私たちの日ごとの糧を毎日お与えください。

4  私たちの罪をお赦しください。私たちも私たちに負いめのある者をみな赦します。私たちを試みに会わせない

でください。』」
5 また、イエスはこう言われた。「あなたがたのうち、だれかに友だちがいるとして、真夜中にその人のところに 行き、『君。パンを三つ貸してくれ。
6 友人が旅の途中、私のうちへ来たのだが、出してやるものがないのだ』と言ったとします。
7. すると、彼は家の中からこう答えます。『めんどうをかけないでくれ。もう戸締まりもしてしまったし、子どもたちも 私も寝ている。起きて、何かをやることはできない。』
8 あなたがたに言いますが、彼は友だちだからということで起きて何かを与えることはしないにしても、あくまで頼 み続けるなら、そのためには起き上がって、必要な物を与えるでしょう。
9 わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかりま す。たたきなさい。そうすれば開かれます。
10. だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
11. あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親が、いったいいるで しょうか。
12. 卵を下さいと言うのに、だれが、さそりを与えるでしょう。
13 してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。 とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」”
ルカの福音書 11章1~13節
聖書 新改訳©2003 新日本聖書刊行会